招待の言葉
祭りの概要
イベント会場 紹介

「天へ届け!野火に込めた願い」 2018済州野火祭りにご招待します。

済州の伝統牧畜文化をモダンな感覚で昇華した2018年度第21回済州野火祭りに皆様をご招待します。

2018年済州野火祭りが開かれる2018年3月1日から3月4日は、新春の始まりを告げる啓蟄(けいちつ)にあたり、済州市涯月邑鳳声里のセビョルオルムメイン会場にて「天へ届け!野火に込めた願い」をテーマに、華やかに開催されます。

牛や馬を最大の労働力としてきた済州の伝統牧畜文化と、小正月の厄払い・願い事の儀礼を芸術的・現代的な感覚で表現した済州野火祭りは、1997年から毎年開催されてきました。

「済州野火祭り」は、2017年文化体育観光部指定優秀祭り、大韓民国祭りコンテンツ祭り観光部門大賞、済州特別自治道最優秀祭りに選定された他、国内外の都市から文化芸術公演団や祝賀使節団が参加するなど、済州に留まらず、韓国を代表するグローバルな祭りとして発展しています。
特に、この度の祭りは、平昌冬季パラリンピックの聖火採火イベントと連携して行われ、三姓穴(サムソンヒョル)での採火、安穏無事と所願成就など、済州の神話と結びつけたストーリーテーリングで祭りのアイデンティティを確立させました。

世界の人々に愛される島で、融和と平和の炎を炊き上げる2018済州野火祭りは、済州ならではの色と趣き、味と情をたっぷり込めて、祭りに参加される皆様一人一人に熱く濃い感動をお届けするでしょう。

祭りを通じて、韓国最南端から始まる新春の気運を満喫し、2018年の新しい希望と福を受け取ってください。

2017年12月

高京實